新着情報

基礎工事について(テスト)

 お墓の新しい地盤改良

 コンクリート支柱工法の施工 D・BOX工法の施工

 お墓の新しい地盤改良

コンクリート支柱工法の施工

以前は軟弱地盤で松杭を打つことをしていましたが、その工法は、湿地ならいいのですが乾地では腐食してしまいます。そこでコンクリート支柱工法を取り入れました。

コンクリート支柱工法
床掘を行った後に締固めます
 
3人がかりで穴を掘ります
 
先端のドリルを回転させ穴掘り開始
 
掘り終わるとこんな感じです
コンクリート支柱工法
地盤により深さを決定します。今回は床堀りを含め1m
コンクリートを流し込む壁を作ります
 
面積により支柱の数を調整
 
床掘り部、支柱底面には砕石を入れ込みます
コンクリート支柱工法
締固め転圧作業です。
鉄筋を組みます。
(もちろん支柱内にも鉄筋)
 
支柱、床掘り部に生コンを流し込み気泡を抜き仕上げ(生コンクリートはJIS規格のものを使用)

 

D・BOX工法の施工方法

地盤改良(D・BOX工法)

墓地の地盤補強・墓石への地震動の低減、液状化防止・凍結防止などに大きな効果を発揮します!
工事期間中、D・BOX施工管理、資格者がしっかり管理します。

地盤改良(D・BOX工法)
D・BOX-Kを敷設する箇所の掘削をする。
 
連結したD・BOX-Kを掘削した箇所に敷設する。
 
D・BOX-Kに決められた容量の中詰材料を投入する。
地盤改良(D・BOX工法)
ランマーなどを使用して各段毎に転圧する。
D・BOX-K施工後、ブルーシートを敷き、コンクリートがD・BOX-Kに流れ込まないようにする。
 
基礎工事終了後、水抜き部分のシートをカットする。その際、D・BOX-Kを傷つけないように気をつける。
 

地盤改良(D・BOX工法)

0120-53-4114

お墓の工事は基礎工事が命!お墓の新しい地盤改良をあらき石材は導入しました。
 コンクリート支柱工法の施工
D・BOX工法の施工
 コンクリート支柱工法の施工

コンクリート支柱工法の施工

以前は軟弱地盤で松杭を打つことをしていましたが、その工法は、湿地ならいいのですが乾地では腐食してしまいます。そこでコンクリート支柱工法を取り入れました。

床掘を行った後に締固めます
3人がかりで穴を掘ります
先端のドリルを回転させ穴掘り開始
掘り終わるとこんな感じです
床掘り部、支柱底面には砕石を入れ込みます
面積により支柱の数を調整
コンクリートを流し込む壁を作ります
地盤により深さを決定します。今回は床堀りを含め1m
締固め転圧作業です。
鉄筋を組みます。(もちろん支柱内にも鉄筋)
支柱、床掘り部に生コンを流し込み気泡を抜き仕上げ(生コンクリートはJIS規格のものを使用)

D・BOX工法の施工方法

D-BOX工法は熊本では一社だけ!
墓地の地盤補強・墓石への地震動の低減、液状化防止・凍結防止などに大きな効果を発揮します!
工事期間中、D・BOX施工管理、資格者がしっかり管理します。

D・BOX-Kを敷設する箇所の掘削をする。
連結したD・BOX-Kを掘削した箇所に敷設する。
D・BOX-Kに決められた容量の中詰材料を投入する。
基礎工事終了後、水抜き部分のシートをカットする。その際、D・BOX-Kを傷つけないように気をつける。
D・BOX-K施工後、ブルーシートを敷き、コンクリートがD・BOX-Kに流れ込まないようにする。
ランマーなどを使用して各段毎に転圧する。

D-BOX6つのメリット

今までの杭打ち工法や地盤改良工法よりも安価で施工できる。
軟弱な地盤でも強固に改良できる。
土壌汚染ゼロでリサイクルも出来るので環境にも優しい
大型重機械は使わない狭所であっても人力のみで施工ができる。
在来基礎工法よりも振動dB低減に優れる(地震、交通振動等、震度1から2の減震効果。)
万が一の際は、保険会社が補償。D・BOX-Kの主原因と認められた、不同沈下、せん断変形沈没により、敷設されたD・BOX-Kの上部に設けられた構造物の損傷及びそれが原因で第三者に与えられた人的物理的損傷に対して補償します。

校区の清掃活動!

それぞれの町内での清掃活動もありますが、今回は校区全体で、健軍小学校の子供たちがよく通る、健軍神社参道の清掃活動です!

ツツジが大きくなると、歩道を歩いてる子供たちが見えなくなるので、ツツジを低く切り込みます^ ^

 

校区の諸団体、全てが参加しての活動です!

私は、消防団として参加。

剪定が終わると、スカッとしていいものです^ ^

 

 

 

 

 

納骨堂から出骨してお墓へ納骨。

西合志のお寺様から出骨して

植木町のお墓への納骨です。

植木町のお墓 ← クリック

納骨堂到着!

今回は、お骨を本堂に移して、本堂でお経をあげていただきます。

そして、お墓へ移動。

私が先に行って、お骨をお骨壷に入れ直しなどの作業をしてから、お客様をお待ちします。

皆さんが到着されたら、納骨を行います。

お寺様の指示により、お墓ではお経無しです。出骨のお経の時に一緒にやって頂いたそうです。

半日で全て終了。

いいお天気でもありましたし、皆様に喜んでいただきました^ ^

 

 

納骨前にお掃除を!

熊本市北区植木町へ!

これから納骨です。

その前にお掃除にきました^ ^

お掃除して、納骨室を開けて、準備完了です!

さてこれから納骨堂へ出骨のお手伝いへ〜!

その後、納骨です。

 

展示品の販売!

健軍本社の展示品を販売しました。

この展示品は熊本地震前に設置された物ですが、倒壊することもなく販売できました。

展示品は販売を前提に設置されているため、取り外すことを前提にボンドを軽くしか着けていません。

しかし、地震でも倒れなかった・・・

なぜ? あらき独自の秘密があります^^

展示品の取り外しと、その他本社建物改修工事に伴う仁王像取り外しのため、今回は大型のクレーンで作業します。

仁王像取り外し ← クリック

 

そしてこのお墓を建てるところはココ。

熊本地震後そのままになっています。

お骨も当時のまま入っています。

解体工事をしながらお骨を取り出し、いったんお預かりします。

基礎工事!

建付け工事。

完成です

熊本地震に耐えたお墓を展示場から移設。

あとは納骨をして開眼します。